ホーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

往診

すぐに先生は来てくださいました。

やはり老犬によくみられる病気のようです。
耳の奥にある前提神経がなんらかの作用で
異常が起こることが原因だそうです。

その異常により平衡感覚を失いめまいを
起こすのだそうです。平衡感覚がないため、
気持ち悪くなる、気持ち悪いからよだれが
出る、食欲がなくなる、のだそうです。

この病気は原因が特になく治療方法もない
そうです。個人差はありますが薬を服用し
1週間程度で治るそうです。

症状として目が左右にぶれる、まぶたが
ピクピク動くのだそうですが、ごんの場合、
寝かせると目の動きが落ち着くので中度の
症状とのことです。

ただ、これが前庭が原因で突発的に起こる
場合は問題ないのですが、耳の奥や内臓に
問題があって起こった場合は危険だそうです。

先生がごんちゃんの血圧を測ると異常な
下がり方をしている、もしかしたら前庭が原因
ではないのかもとおっしゃいました。

目のブレについても正直、違和感を感じました。
ごんちゃんの異常に気が付いた時、ブレると言う
より見開く感じだったのです。ずっとまばたきも
せず、目を開いたままだし。。。
そこで先生に目を開いたままのことを聞きました。

この病気はまぶた周辺の筋肉の麻痺が起こり
目をつぶりにくくなることもあるそうです。
問題は、その症状が起こるということは『重篤』と
いうことです。

ごんちゃんの目の周りの触診の結果、反応が
あまりありませんでした。つまり麻痺を起こして
いるのです。

ごんちゃんの症状が前庭が原因である典型的な
症状と異なる部分がいくつかあり、もしかすると
何か内臓に問題があるのかもしれないとのことです。

ただこの日は、往診のため検査はできません。
注射と点滴をしてもらい、翌日病院で検査をすること
になりました。

なんだかとても嫌な予感です。。。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まうんてん(母)                 まうんてんD(娘)

Author:まうんてん(母)                 まうんてんD(娘)

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
お勧めグッズ
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。