ホーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼治療

犬の鍼治療なんて興味津津です。
どんな風に治療されるのでしょう。

まずは背骨に沿って鍼をいくつか打っていきます。
後脚の指の間にも鍼を打ちました。

鍼

背骨の時は澄ました顔をしていましたが、指の
間の時はビクンとして振り返っていました。
ちょっと痛かったのかな。

背中の鍼には電流を流していました。電気鍼です。
本当に人間と同じですね。

電気鍼1

電気鍼2

次に何やら機械を背骨に沿って当てています。

スーパーライザー

スーパーライザーという機械のようです。
これは一体どんな機械で効果があるかと言うと。。。

≪近赤外線をスポット状に照射することを可能にした
光線治療器。赤外線の中でも体の奥の方まで届くことで
知られている「近赤外線」。
その近赤外線の中でも特に生体深達度の高い波長帯を
取り出し、レーザーに似た特性を持たせてある。
照射した部分の血行を改善させるのに良く効く。
また、体の奥まで散らずに届くことから、自律神経を
整える星状神経節照射療法でも使用する。≫


らしいです。

人間同様、色々なものがあるのだなとこれまた
感心しました。

この病院では以前、バーニーズマウンテンドッグの鍼治療を
しているそうです。このバーニーズちゃんはヘルニアでは
ないのですが、後脚の麻痺で通っていたそうです。

この子もごんと同じ12歳、初診時にはごん以上に脚の反応は
なかったそうです。それでも少し歩けるようになったそうです。
そんなことを聞いたら期待しちゃいます(笑)。
ごんちゃんも頑張って歩けるようになって欲しいです。

ただ悲しいことにそのバーニーズちゃんはやっと少し歩ける
ようになったのに、急に死んでしまったそうです。

原因は分かりませんが、バーニーズは癌の多い犬種です。
もしかしたら腫瘍があり、その腫瘍のせいで脚が麻痺して
いたのかも、とおっしゃっていました。

ごんちゃんももう12歳です。寿命の前に歩けることを
願うばかりです。



コメントの投稿

非公開コメント

No title

鍼治療の時、ゴンちゃんは、おとなしくしているみたいだね。
少しでも歩けるようになると、良いなぁv-410
プロフィール

まうんてん(母)                 まうんてんD(娘)

Author:まうんてん(母)                 まうんてんD(娘)

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
お勧めグッズ
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。