ホーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見極め

我が家のすぐ横に公団の宿舎が2棟あり、
今年に入ってその団地の解体が始まりました。

団地

団地2

騒音と地響きが続き何だか落ち着かない毎日でした。
そして先々週、関東地方に大きな地震がありました。

怖がりのごんちゃんが生きていたらどうなっていたでしょう。

まず解体工事にストレスを感じ、終わったと思った途端、
地震の恐怖にさらされ、Wの恐怖にショック死を起こして
いたかもしれません。

ごんちゃんは歩けない不自由な生活を1年間、そしてこれから
起きる恐怖を予期し、もう十分と思ったのかもしれません。

ごんちゃんは暑さも恐怖も味わいたくなかったのでしょう。
去年の年末に人生を終えたごんちゃんは、ごんちゃん自ら
選んだ時期だったのではと思えて来ます。

今回の大震災でペットのことは一切取り上げられて
いませんが、多くのペットも犠牲になったと思います。

大きな地震があった時、ごんちゃんをかついで逃げることを
想像してみましたが、とてもとてもかつげる重さではあり
ません。

大型犬の介護は大変でしたが、何かあった時の大型犬の扱いも
考えさせられました。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ごんちゃんがいなくなって寂しいけど、今回の解体工事や大地震に会わずにすんで、本当に良かったよねv-410

Re: No title


ごんちゃんはあの解体の地響きと地震の揺れに会っていたら

 パニックになっておかしくなっていたと思うよ。
プロフィール

まうんてん(母)                 まうんてんD(娘)

Author:まうんてん(母)                 まうんてんD(娘)

カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
お勧めグッズ
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。