ホーム  次のページ »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リハビリ嫌い

ごんちゃんの毎日のリハビリ、さすがに
人間の方が参って来ました。

アシスタントバンドを着けるのも一苦労、
ごんちゃんを支えるのも重くて大変です。

癌発病以来、リハビリの回数は週1.2回と
減ってしまいました。

すると筋肉は敏感なもので随分落ちて
しまったようです。

以前は前脚に関しては自分で支えられたのに
今では人間が補佐しないと立てません。

リハビリが随分と負担になってしまったようです。
週1.2回のリハビリなのにごんちゃんは力を
抜いて人間に支えさせサボります。そういう
ことには本当に知恵が働きます(笑)

でもごんちゃん自らが力を入れないと何の意味も
ありません。

無理にリハビリさせるのは可愛そうですが、
これ以上筋肉が落ちたら大好きな車に自分で乗る
ことが出来なくなります。

寝返りだって自分でうってくれないと困ります。
床ずれ防止に人間が定期的にひっくり返さなく
てはならなくなりますが、果たしてそんなこと
できるのでしょうか。

本当に大型犬の介護は大変です。
当の本人は歩かず寝ていられることに満足して
いますが。。。(笑)



スポンサーサイト

前輪キャンセル

ごんちゃんの前輪、コレ本当は借り物なのです。

車いす 横

4月末のことです。

車いすを買ったもののごんちゃんは車いすを嫌がります。
でも犬の車いすなんて他に使い用途はないのだから乗って
くれないと困ります。

前脚の負担を減らしたら歩いてくれるかもしれません。
オプションで前輪も買うことにしました。

前輪を注文するとGW明けに新しいバージョンの前輪が
発売されるということでした。ちょっと高くなりますが
強度もアップするというので新バージョンを買うことに
しました。

この車いすはアメリカ製のため元々オーダーしてから届く
まで少し時間がかかります。しかしGWが明けても前輪は
なかなか届きません。

しばらくするとお店から遅れている旨、連絡があり代用の
前輪が送られて来ました。それがコノ前輪なのです。

しかしごんちゃんは前輪があろうと歩こうとしません。
車いす自体が不快の様です。

ごんちゃんが車いすを嫌がるのなら仕方ありません。
前輪のキャンセルを希望しましたが、特注のため
キャンセルはできませんでした。

それは困った!わざわざ高い方を買ったのに使われ
ないで終わるかも。。。

そんなこんなで早4ヶ月。いまだに前輪は届きません。
ごんは車いすに乗る様子もないので借りてた前輪を返す
ことにしました。

どうやらお店自体も本社(アメリカ)の対応がイマイチ
分からない様子でした。そしてさすがに遅過ぎると
思ったのか借りてた前輪は『貸し出し』扱いにし、
注文してた前輪はキャンセル扱いにしてくれたのです。

ごんちゃんは車いすに乗りません。遅れたおかげで
前輪を買わないで済みました。むしろラッキーでした☆


1人リハビリ

ごんちゃんはとても重いので、1人でリハビリは難しい
のですが、1人リハビリに挑戦してみました。

アシスタントバンドを装着して、さぁ、リハビリ開始です。

ところが、ごんちゃんはただでさえリハビリは嫌いなのに
暑いので気乗りがしません。

ごんちゃんはどういうわけか自分が重いことを知っている
ので頭を使ったようです。相手が1人なら負かせると
思ったのでしょう。立たせようとするとごろんと横になり
リハビリを拒否しました。

何度か立たせようと挑戦するのですが、毎回ごろんです。
ごんちゃんに舐められたものです。

ところが、突然ごんちゃんがきちんと立ち上がり歩き
出そうとしました。

もちろんごんちゃんが意を決してリハビリに挑むわけが
ありません。

ごんちゃんはリハビリのご褒美のおやつがテーブルに
置いてあることに気が付き食べに行っただけだったのです。

そして目的のおやつを獲得するとすぐに寝てしまいました。

しかしそのまま寝るのかと思いきやごんちゃんは一点を
見つめています。その視線を追うとなんと違う場所に
置いておいたおやつを見つめていました。

まったくごんちゃんは。。。 当の本人が一番やる気が
ありません。食べ物に対しての意欲をリハビリに向けて
くれたら、もう歩けているのではないでしょうか。。。


18回目

鍼治療に行って来ました。

この暑さにやられて毎日のびているごんちゃん
ですが、病院の時には忘れてしまうようです。
いつもの様に大張り切りで玄関に向かいます。

ごんちゃんは、あんなに大喜びで病院に行くくせに
鍼治療が不安なのか治療中ずっとヒンヒン言って
います。本当に小心者です。

そんなごんちゃんもさすがに回数を重ね鍼治療も
慣れたようです。診察室に1人でいても鳴かなく
なりました。

坪井どうぶつ病院2

ごんちゃんは、行きはあんなに張り切るのに、
帰りは再び暑さにやられてしまいます。玄関で
休憩を取りたがるので、しばらく休ませました。

そろそろ冷房の部屋に入れてあげようと迎えに
行くと自ら立ち上がろうとしました。そして病院へ
行く時の様に大急ぎでダイニングへ向かいます。

どうやらごんちゃんはダイニングが涼しいと分かって
いて早くダイニングに入りたかったようです。

本当にごんちゃんはよく物事を知っていて感心します。


脚の経過

鍼治療も10回を超えました。

まだまだ立つことは出来ませんが、脚を随分と動かす
ようになったと思います。何の反応もなかった術後を
思い出すと驚きさえします。鍼治療のおかげです。

だけど、たまに老犬の筋肉や寿命のことを考えると
無理に立たせたり(リハビリ)、鍼治療をする意味はある
のかな、と思うことはあります。

嫌がるリハビリなんてせず、ゆっくりのんびり余生を
送る方をごんは望んで幸せなのかもしれないと。

でも疲れるだろうと寝かせたままにしていたら筋肉は
衰え固まってしまいます。ごんちゃんはリハビリが嫌い
ですが、筋肉のためにもリハビリは続けたいと思います。

だからと言って、ただリハビリを続けるというのは
精神的・肉体的にも負担になります。

『立たせる!』という目的があるからこそ続けられるのです。
…いまでも相当負担にはなっていますが(笑)。

そんなわけで立てないまま寿命を迎える可能性もあることは
分かりつつ、いつか立つと信じてリハビリも鍼治療も続けます。

ただ鍼治療10回まではなるべく週2回行くようにしていましたが、
週1回に減そうと思います。

今のところ病気など問題はないですが、何かあった時に
すぐに行ける、来てもらえるよう『いちかわ動物病院』にも
たまに顔を出したいと思っています。

ごんちゃん、大好きな病院通いの機会が沢山あって良いですね。
2人も主治医がいるワンちゃんなんて、そうはいないですよ!


プロフィール

まうんてん(母)                 まうんてんD(娘)

Author:まうんてん(母)                 まうんてんD(娘)

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
お勧めグッズ
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。